home loving-Crime Prevention

犯罪を抑制するために|駐車場に防犯カメラを設置しよう

屋外カメラの寿命

定期的な保守点検

ガードマン

住宅の防犯対策のために防犯カメラを設置するケースが増えています。
特に、車上荒らしや自動車にいたずらされる事件も多く、駐車場に防犯カメラを取り付けることは重要です。
住宅への侵入も危険ですが、駐車場には財産である自動車がむき出しで置いてありますから、財産を守るための対策が必要なのです。
防犯カメラを設置する場合には、その耐用年数に気を付けなければなりません。
電子機器ですから、通常の場合耐用年数は5年から10年と言われています。
一般的なメーカーの保証期間は5年程度ですが、通常の使用であれば10年程度は使用できるようです。
とはいっても、駐車場のように屋外への取り付けの場合には、カメラ本体への浸水の危険性や配線の断絶の危険性などがありますので、適切なメンテナンスを行う必要があります。
どうしても防犯カメラを取り付けてしまうと、設置しただけで満足してしまい、徐々にメンテナンスをしなくなります。
せっかく防犯カメラが取り付けてあるのに、いざという時に映像を見ようとしたら、ハードディスクが消耗していて映っていなかったということも起こりかねません。
ハードディスクなどの記憶媒体も耐用年数は短いので注意が必要です。
駐車場などの屋外に防犯カメラを設置する場合には、消耗するリスクが高くなりますので、場合によっては保守点検契約を別途結んで、定期的に業者のメンテナンスを受ける方法もあります。
自分で行うメンテナンスよりも、確実に交換のタイミングなどを見極めることができます。

カメラ設置の必要性

駐車場

多くのドライバーはルールを守って駐車スペースを利用しています。
それでも不特定多数の人間が利用している性質上、トラブルが発生することは避けられません。
例えば駐車スペースでよくあるのが、違法駐車の問題です。
これは一時的なものから廃棄処分目的の不法投棄まで、よくおこるトラブルといえます。
それ以外にも、置き引きや当て逃げのほか車そのものの盗難というのも珍しくありません。
しかもこれらは無人の場所だけでなく、ガードマン付きの駐車スペースでもおこります。
そんなふうにいくら人目があっても、死角ができることは避けられないわけです。
それを考えると、防犯カメラを駐車場に導入するのはやむを得ない処置といえるでしょう。
そうやって防犯カメラを駐車場に設置することで、そこでおこる出来事をすべて記録できます。
加えて動画というはっきりした証拠が残せれば、そのまま刑事や民事の証拠として使うことも不可能ではありません。
また防犯カメラを駐車場の見えやすい場所に設置すれば、それだけで防犯性もアップします。
こうして駐車場でおこる犯罪を未然に防ぐとい観点からも、防犯カメラはかなり役立ってくれるはずです。
また設置場所によっては近隣の様子も撮影できるので、その部分の防犯を強化するのにも効果を発揮してくれるでしょう。
そうなればセキュリティの高い場所として利用者からの信頼が高まるだけでなく、資産的な価値も同時に高めることが可能になります。

カメラで録画してみよう

防犯カメラ

駐車場に長時間置かれている車両は、悪意がある第三者にとって絶好の獲物です。
しかし、車上荒らしなどの駐車中の車両を狙う手口では、自分の姿を見られることを恐れています。
防犯カメラによって機械的に監視されている場所は、自分の様子を撮影される可能性が高いので、敬遠する傾向にあります。
自宅の駐車場の防犯体制を強化するのに効果的な防犯カメラは、基本的に録画装置とセットで扱われています。
仕組みとしては、防犯カメラの映像を通信ケーブルによって録画装置に取り込んでいます。
録画装置の出力する部分からモニター等の映像を見られる機器に接続して、目視による確認も可能です。
住宅の駐車場は、出し入れの利便性を高めるために、道路に隣接しています。
けれども、夜間には周囲に誰もいない状態で放置される形になるので、防犯カメラで監視すると同時に録画しておきましょう。
駐車場をライトによって照らして、そこに防犯カメラを組み合わせるのも有効です。
暗視機能がある防犯カメラによって、夜間でもくっきり見える状態で録画しておくと、目立たずに証拠を掴めます。
夜間を通して録画したい場合は、長時間の録画に耐えうる録画装置が必要です。
データ保存用のカードにそのまま録画できるタイプの防犯カメラもあるので、駐車場に防犯カメラを設置するだけで完結させたい方はそちらを購入しましょう。
映像のチェックについては、パソコンやスマートフォンでも可能なモデルが増えているため、問題はどれだけの時間を録画しておきたいのかです。

どの設置業者に依頼するか

警備員

駐車場で起きるトラブルの抑止には、防犯カメラの設置が効果的です。防犯カメラを設置する時は、防犯設備士のいる業者を選んで下さい。防犯設備士に相談すれば、どこに設置するのが有効か、どのカメラを選べば良いかアドバイスしてくれます。

もっと読む

防犯の意識

カメラ

防犯カメラを駐車場に設置するには暗くても録画できる赤外線カメラを選びましょう。また、屋外なのであれば雨にも耐えられる設計のものが必須です。録画の方法はHDDRが主流で映像の劣化がなく、電源を入れる手間だけで済むので魅力的です。

もっと読む

屋外カメラの寿命

ガードマン

住宅の防犯対策のために、駐車場などの屋外に防犯カメラを設置する場合には耐用年数に注意しなければなりません。一般的には10年程度使用できるようですが、通常の保証期間は5年程度です。特に、屋外の場合は劣化が早いので、業者に定期的に保守点検をしてもらう方法もあります。

もっと読む