home loving-Crime Prevention

犯罪を抑制するために|駐車場に防犯カメラを設置しよう

どの設置業者に依頼するか

防犯設備士のいる業者

警備員

駐車場で起きるトラブルには、車へのイタズラ・車上荒らし・当て逃げなどがあります。
そのようなトラブルの抑止には、防犯カメラの設置が効果的です。
トラブルが起きてしまった時も、防犯カメラの映像は証拠として使えます。
車は高価なものにもかかわらず、毎日使うものであるがゆえに、つい油断して防犯対策を怠りがちです。
自宅の駐車場であっても油断せず、しっかりと防犯対策を行いましょう。
では、防犯カメラを駐車場に設置する際、どの設置業者に依頼すれば良いのでしょうか。
防犯カメラの設置業者はたくさんあり、どの業者を選べば良いか迷ってしまいます。
防犯カメラを設置するなら、防犯設備士のいる業者を選んで下さい。
防犯カメラはどこに設置しても効果がある訳ではありません。
適切な場所に設置しなければ、せっかく防犯カメラを設置しても無意味です。
すべての設置業者が防犯対策に詳しい訳ではありません。
防犯対策に詳しいかどうか、判断の目安となるのが、防犯設備士です。
防犯設備士は、車上荒らしや強盗等の犯行手口を研究し、防犯設備の有効な取り付け方・運用の仕方を熟知しています。
したがって、駐車場のどこに設置すれば効果的か、どんなカメラを選べば良いか、専門家の視点でアドバイスしてくれます。
その他、業者を選ぶ際の注意点は、当然ですが、問い合わせ時の対応、アフターフォロー体制などです。
問い合わせをした際に、素早く丁寧な対応をしてくれる業者を選んで下さい。
また、防犯カメラが故障した時に、どのような保証をしてくれるか、すぐにメンテナンスしてくれるかについても、事前に確認しておきましょう。

カメラ設置のメリット

防犯カメラ

駐車場は犯罪や事故が起こりやすい場所であり、何らかの対策をする必要があります。
その対策の中でも費用は掛かるものの優れた効果を得られるのが防犯カメラです。
防犯カメラを設置することにより犯罪の発生を抑止することができますし、また犯罪が発生した場合にもカメラで撮影された映像をもとに警察の捜査に協力することができます。
防犯カメラを設置する場合にはカメラと録画機が必要になります。
カメラ本体は1万円程度のものがありますが録画装置は比較的高くなります。
またカメラの値段は性能に直結するため、特に駐車場で車のナンバーを判別する必要があるような場合には、AHDカメラを導入する必要があります。
また設置するための工事が必要で1台あたり4万円程度は必要です。
このため録画機を含めて導入をする場合には、1台あたり15万円前後になります。
1台だけでも効果を得ることができますが、駐車場での死角を無くすためにも防犯カメラは複数箇所に付ける方が効果を高めることができます。
特に犯罪を起こす者は防犯カメラを破壊するケースもありますから、複数箇所に設置することが必要です。
また駐車場に単に防犯カメラを設置し録画するだけでなくネットワーク通信を使ってリアルタイムで見ることができるようにするのも効果的です。
ネットワークで接続することができれば、映像から不審者の動きを検知して知らせてくれるといった機能を付与させることも可能ですから、より犯罪の発生や被害の拡大を防ぐことができます。

犯罪抑止効果を期待する

車

近年、ハイブリッドカーや低燃費車の開発により自動車が高額化しており、高級車のみが窃盗の対象と考えられていた従来と異なり、軽自動車やコンパクトカーでも人気グレードや車種であれば車両盗難や車上荒らしの対象となっており、全国で毎年15万件ほどの被害が出ています。
とくに犯行が多いのが夜間の駐車場です。
夜間は人通りが少なく、犯行が分かり難い点から深夜12以降の犯行が多いです。
防犯カメラを駐車場に設置することで犯行は少なくなるというデータがありますが、カメラのスペックにより犯行を録画するも、顔や人相などの確かな特徴が記録されず、中には堂々と犯行に至るケースも増えています。
一番問題となるのは防犯カメラのスペックです。
人が接近することでセンサーライトが発行し、解像度の高いカメラで犯人の顔や身長、体つきなどをしっかりと映し出すズーム機能などを搭載した製品でなければ効果は半減します。
設置位置も比較的高い場所が適しており、手が届ない場所でなくてはいけません。
高さが十分なことで高角度で録画され、侵入経路や逃走経路など犯行時の状況も記録されます。
現在、国内各所でコインパーキングが多くなっていますが、夜間は精算機付近にライトアップが施され、出入り口付近も明るくして防犯カメラの撮影環境を良くするとともにセキュリティレベルの高さを認知させています。
セキュリティレベルの高い駐車場では犯行へのリスクが高いことから犯行に至るケースが少ないです。
駐車場での窃盗は傷害などの凶悪犯罪に派生する懸念もあるため、犯行抑止のためにも防犯カメラの設置は重要です。

どの設置業者に依頼するか

警備員

駐車場で起きるトラブルの抑止には、防犯カメラの設置が効果的です。防犯カメラを設置する時は、防犯設備士のいる業者を選んで下さい。防犯設備士に相談すれば、どこに設置するのが有効か、どのカメラを選べば良いかアドバイスしてくれます。

もっと読む

防犯の意識

カメラ

防犯カメラを駐車場に設置するには暗くても録画できる赤外線カメラを選びましょう。また、屋外なのであれば雨にも耐えられる設計のものが必須です。録画の方法はHDDRが主流で映像の劣化がなく、電源を入れる手間だけで済むので魅力的です。

もっと読む

屋外カメラの寿命

ガードマン

住宅の防犯対策のために、駐車場などの屋外に防犯カメラを設置する場合には耐用年数に注意しなければなりません。一般的には10年程度使用できるようですが、通常の保証期間は5年程度です。特に、屋外の場合は劣化が早いので、業者に定期的に保守点検をしてもらう方法もあります。

もっと読む