home loving-Crime Prevention

犯罪を抑制するために|駐車場に防犯カメラを設置しよう

防犯の意識

カメラの設置と録画方法

カメラ

今はどこに行っても防犯カメラがついていることが多いです。
駐車場も例外ではないでしょう。
個人の駐車場も防犯のためにつけている場合もありますし、駐車場は利益を得て貸し出しているのであればその場を監視する必要もあります。
万が一、何かあった場合に防犯カメラの録画は証拠にもなりますので、自分の身を守る意味でも設置することをお勧めします。
防犯カメラを外に設置するとなると、常時駐車場が明るいなら良いですが、そのような場所は少ないと思います。
せっかく防犯カメラを設置しても、犯罪が起こりやすい夜間に暗闇しか撮れてないということがないよう、暗闇でも録画できる赤外線機能が搭載されたものにしましょう。
また、駐車場に屋根があるのかないのかで、雨や直射日光に強い防犯カメラを検討する必要があることも踏まえて防犯カメラを選びましょう。
画質として昔は27万画素〜60万画素数のものが主流でしたが、高画質のものが人気になったのに伴い130万画素〜200万画素の物が主流になってきています。
種類によっては800万画素を超えるものもあるので、予算と合わせて検討してください。
録画の方法ですが、昔はビデオテープでの録画でいちいち入れ替えが必要でした。
しかし近年はHDDR(ハードディスクレコーダー)が主流になってきています。
映像の劣化もないですし、一度電源を入れればあとは放置で大丈夫なのでいちいち確認する必要がありません。
時間を取られることがないので、手間が最小限なのも魅力です。

高い防犯性実現のために

防犯カメラ

車上荒らしが多発する影響で、ご自宅の駐車場に防犯カメラを設置するご家庭が増えています。
防犯カメラの種類や設置の仕方は多種多様であり、ご自宅の駐車場環境などを考慮しながら購入、設置することが必要です。
防犯カメラはよくお店などの駐車場で見かけるボックス型のもの、または会社内などではドーム型のものが見られます。
基本的には駐車場に設置するのですから、雨対策をした防犯カメラを使います。
ホームセンターやセキュリティ会社などで設置をお願いすれば代行してくれますが、ご自身で取り付ける場合は注意しなければいけない点が複数あります。
まず最初に電源の取り出し方です。
駐車場から自宅の電源を引っ張るのであればコードを使う必要がありますが、これも雨による腐食や、製品劣化で漏電しないようなコードを選ぶ必要があります。
業者が代行してもらえるのであれば、コードの選択や、設置の際にコードを地面に埋めたりして目立たなくしてくれたりします。
続いて設置する場所ですが、ただ単に付けたいところに付けるのではなく、ご近所への配慮も忘れないようにする必要があります。
向かいの家との距離が近い場合はご近所に設置する旨をお伝えした方がよいです。
最後に、駐車場に設置する際は車上荒らしの目に付かない所に設置した方がよいです。
駐車場や自宅の柱などにはステッカーを貼り、あくまで車上荒らしの目線に立ち、どこから見られているのか、さらに何台のカメラがあるのか分からない状況を作ることが防犯につながるためです。
このように駐車場に防犯カメラを設置するご家庭が増える中、同時に私達がそれらについての知識を蓄えることも必要です。

暗闇でも鮮明に撮影できる

車

会社や店舗はもちろん、一般家庭の駐車場でも、車上荒らしや器物損壊などの被害が増えているため、防犯カメラを設置したい人が増えています。
駐車場に設置がしやすい、コンパクトな形状の商品も揃っており、暗闇でも高画質で撮影ができるので、安心して生活ができます。
防犯用品を取り扱っている専門店では、豊富な在庫が揃っており、遠赤外線付きの商品や、雨天などの悪天候の日も使用できる商品が販売されています。
パソコンやスマートフォンを利用すると、遠隔操作ができる防犯カメラも高い人気があります。
自動車などの大切な資産を守ったり、不法侵入を防ぐために、駐車場に防犯カメラを設置しておく必要があります。
万が一被害に遭ってしまった場合でも、防犯カメラの映像が証拠になり、犯人を特定しやすくなります。
防犯用品を販売しているお店では、専門的な知識を持っているスタッフが在籍をしているので、駐車場の形状に合った商品を提案してくれます。
現代は高性能で高機能な商品が、リーズナブルな価格で販売されているので、購入を検討すると良いでしょう。
店舗や会社などの駐車場は、広さもあるので、何か所か設置しておくと安心できます。
普段から防犯意識を高めておくことで、犯罪の被害を防ぐ効果があります。
近くに専門店が少ない場合は、インターネットのお店を利用すると便利です。
口コミで評価の高いお店では、操作が簡単で、女性や高齢者も使いやすい商品が販売されています。

どの設置業者に依頼するか

警備員

駐車場で起きるトラブルの抑止には、防犯カメラの設置が効果的です。防犯カメラを設置する時は、防犯設備士のいる業者を選んで下さい。防犯設備士に相談すれば、どこに設置するのが有効か、どのカメラを選べば良いかアドバイスしてくれます。

もっと読む

防犯の意識

カメラ

防犯カメラを駐車場に設置するには暗くても録画できる赤外線カメラを選びましょう。また、屋外なのであれば雨にも耐えられる設計のものが必須です。録画の方法はHDDRが主流で映像の劣化がなく、電源を入れる手間だけで済むので魅力的です。

もっと読む

屋外カメラの寿命

ガードマン

住宅の防犯対策のために、駐車場などの屋外に防犯カメラを設置する場合には耐用年数に注意しなければなりません。一般的には10年程度使用できるようですが、通常の保証期間は5年程度です。特に、屋外の場合は劣化が早いので、業者に定期的に保守点検をしてもらう方法もあります。

もっと読む